医療法人日進会

目次

ご挨拶 外来のご案内 入院のご案内 検査のご案内 医師のご紹介


ご挨拶

 院長の初岡慎一です。

 平成28年1月からこちらでお世話になっています。それまでは大阪で勤めていました。実は私の本籍は和歌山の新宮ですが、その記憶は全くなくて新しいところに来たように感じています。

 これまで長らく心臓外科医として全力を尽くしてきましたが、特に近年は、都会の心臓血管外科医として週1回の手術、年間約50例の手術をまかせて頂けるようになり、術前・術後も含めて充実した医療生活だったと思うのです。50歳を過ぎ自分のこれまでの外科医としての生活をふと振り返ることがあり、大きな手術を続けることで命を救うことができる人が年間約50人、私の外科医としての寿命が残り10年とすると、助けることができる人はあと500名まで、ということに気づき、もっと大勢の人に貢献できる手立ては無いのだろうかと考えるようになりました。
 もともと医師を志した動機に、地域医療・へき地診療に貢献したいということと、その対極のような心臓外科医になりたいということがありました。その後熟考・紆余曲折を終え現在に到っています。結果的に両方の夢を手にすることができて幸せな人生であると思っています。

 こちらに来た当初は、地域医療に貢献したい、困っている人たちに少しでも何かお手伝いができればいいなと漠然と考えていましたが、未知の世界で驚くことばかりという毎日でした。その中で今の日進会病院のこの地域における役割というのがおぼろげながら次第に分かってきました。
 率直すぎる表現かもしれませんが、人生の最期のステージを、患者さんはもちろん、そのご家族にも提供させて頂く、そういう病院なんだと思うようになりました。それと同時に、これも若干語弊がありますが、行き先がなくて困っている患者さんや家族さん、あるいは地域連携室の担当の人など患者さんを中心に困っている方がおられたら、少しでもお手伝いができることがあればとも考え、基本的には無条件で入院依頼を受けさせて頂いています。ただ現在嘱託医をしている施設から毎日のように緊急入院が続いていることもあり、入院依頼や希望があっても待って頂かなければならない状態にあります。この点につきましてはご容赦いただきたいと思います。今後少しでもお待たせしない受け入れ体制にできるよう更に努力を重ねたいと思います。

 都会からこの地に来て3年経ちました。まだまだ根を下ろすと言うには程遠いですが、今後この地で骨を埋める覚悟でおりますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

(平成4年3月 大阪大学医学部卒業)


外来のご案内




入院のご案内





検査のご案内


医師のご紹介

現在、工事中です。しばらくお待ちください。